緑内障

りょくないしょう

10.jpg

病気の仕組み

目の奥の視神経(ししんけい)が弱っていくことで見えない部分が生じ、徐々に視界が狭くなる進行性の病気です。よく似た名前の病気に白内障がありますが、白内障は目の中のレンズの濁りですので、全く別の病気です。視神経は目で見えた映像を脳に届ける大切なパーツですが、目の内部の水圧(眼圧)によって常に負荷がかかっています。視神経が健康に保たれるためには、眼圧が一定の範囲に保たれる必要があります。目の内部の水流に異常が起こり、水の渋滞によって眼圧が上がると、視神経はダメージを受けて徐々に視界の範囲(視野)が狭くなります。また眼圧は正常範囲であっても視神経が体質的に弱い方は同様に視神経のダメージを受けてしまう場合があります。このように視神経のダメージで視野が狭くなる状態を緑内障と呼びます。一度狭くなった視野は元には戻らず、視野の障害は進行性で、放置を続けると最終的に失明に至ってしまう恐ろしい病気です(我が国の失明原因 第1位)。緑内障は水が渋滞するメカニズムの違いで大きく2つのタイプに分かれます。

正常な水の流れ

詳しくは下記の開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障の欄を参照。

検査

顕微鏡で目の中を観察します。

定期的に眼圧を測定し、視野検査で病気の進行がないかチェックします。

治療

継続的に点眼薬で眼圧を下げる治療を行います。進行性の病気であるため、可能な限り早期に発見し、治療を開始することが大切です。早期に発見できれば、点眼薬で眼圧を下げることにより、広い視野を生涯保つことができます。緑内障は完全に治癒することがなく、付き合っていかなければならない病気ですので、点眼治療を生涯に渡って続けることが大切です。診断を受けた後は定期的に眼科へ通院して点眼を続けましょう。当院でも緑内障の早期診断に有効な眼底検査、視野検査の機器を揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

 

かいほうぐうかくりょくないしょう

開放隅角緑内障

(最も多い緑内障のタイプ)

病気の仕組み

緑内障の中でも比較的ゆっくりと病気が進行するタイプです。緑内障の多くがこのタイプであり、目の中の水路が比較的広いにも関わらず、排水路の奥で目詰まりを起こすことで水流の停滞(眼圧の上昇)が起こります。注意が必要なのは、眼圧が正常値(21mmHg以下)であるにも関わらず、体質的に視神経が繊細なため緑内障を発症する方がおられるということです。このタイプは正常眼圧緑内障と呼ばれ、眼科で視野検査を受けることにより初めて発見することができます。

10.jpg

正常な水の流れ

11.jpg

​開放偶角緑内障

 

検査

顕微鏡で目の中を観察します。

定期的に眼圧を測定し、視野検査で病気の進行がないかチェックします。

治療

点眼薬で眼圧を下げます。1種類の点眼薬で効果が不十分な場合は、複数の点眼薬を併用します。複数の点眼薬を使用しても病気の進行が止まらない場合は、水流を改善させる手術によって眼圧を下げる方法があります。

閉塞隅角緑内障

へいそくぐうかくりょくないしょう

(急に進行する可能性がある要注意なタイプ)

病気の仕組み

緑内障の中でも急に病気が進行する場合がある注意が必要なタイプです。目の中の水路がもともと狭い体質の方に発症し、年齢を重ねるにしたがって水路がさらに狭くなって眼圧が高くなります。水路の狭さがある段階を超えると、瞳が開く際などに水路が完全に詰まり、普段の何倍もの眼圧になってしまうことがあります。この状態を緑内障発作と呼び、急激な目の奥の痛みや吐き気を訴えて病院を受診される方が多いです。緑内障発作を起こした場合は眼圧が非常に高く、視神経に大変な負荷がかかっているため、すぐに治療を行なう必要があります。適切な治療を行わないと、最悪の場合数日以内に失明に至ることがあります。

10.jpg
12.jpg

正常な水の流れ

検査

顕微鏡で目の中を観察します。

定期的に眼圧を測定し、視野検査で病気の進行がないかチェックします。

治療

点眼薬で眼圧を下げる治療に加えて、水路を広げる治療によって危険な緑内障発作のリスクを軽減することが大切です。水路を広げるには手術が有効であり、白内障手術によって水路を圧迫している水晶体を取り除く方法と、レーザー光線で水流のバイパス路を作る方法が一般的です。緑内障発作が実際に起こった場合も、手術やレーザー治療で眼圧を下げます。

閉塞隅角緑内障