ドライアイ

病気の仕組み

目の表面を保護している涙が不足して目が乾燥する病気です。分泌される涙の量が少なくなるパターンと、涙の量が十分でも質が低下してすぐに蒸発してしまうパターンがあります。これらにより目の乾燥が進むと、目の表面に細かい傷が生じ、目の乾燥感や痛み、ぼやけなどが生じます。そのまま放置すると目が疲れたり、傷から感染を起こす場合もあり、点眼薬で適切に保湿をしていくことが大切です。原因としては、自身の体質の変化でドライアイが起こる場合に加えて、生活習慣など外からの要因でドライアイが起こる場合もあります。代表例としては、長時間パソコンや携帯電話の画面を集中して見ることによって瞬きが減少し、涙の蒸発が進んでしまうことがあります。またソフトコンタクトレンズも眼の表面の水分を吸い取る作用があり、もともと涙の少ない方ではドライアイの原因となる場合があります。

5.jpg

​ドライアイになる前

6.jpg

ドライアイ

検査

顕微鏡で定期的に目の表面を観察し、傷の量をチェックします。

治療

ドライアイの原因となる生活習慣の改善に加えて、保湿作用をもった点眼薬を使用します。