結膜下出血

けつまくかしゅっけつ

結膜下出血.png

病気の仕組み

結膜(白目)の血管が切れて、結膜の裏側に出血を起こして目が赤くなった状態です。結膜の血管が炎症によって拡張する結膜炎とは異なった病気です。乾燥や圧迫などによる結膜の摩擦が原因で起こることが多く、高血圧をお持ちの方や抗血栓薬(血を固まりにくくする薬)を内服中の方でも発症のリスクが高まります。目の外側の出血であり、目の内部には及んでいないため、視力への影響はありません。時間と共に自然な消失が見込まれる病気ですが、出血量が多い場合は痛みや違和感が生じる場合があります。

 

検査

顕微鏡で目の表面を詳しく観察します。

治療

違和感が強い場合は点眼薬で保湿を行います。